ARTIST

第2回Universal Connect Audition通過者 HARRY’JERRY’「DANCE.」

d6debed9cb67dfc0d87a3b0c3689f13f 

HARRY’JERRY’「DANCE.」iTunes、レコチョク、ほか配信サイトにて好評配信中!
レコチョク http://po.st/harryjerrydancereco
iTunes  http://po.st/harryjerrydanceitms

PROFILE

アメリカの大学を卒業後、双子でサウンドプロデューサーとして活動中。YouTube、Twitter、Vineなどにカバー曲を中心に楽曲をアップロードし、またオリジナルプロデュース曲も制作しており、作詞、作曲、編曲、レコーディング、撮影などもすべて自身で行っている。留学中にビートメイキングやトラックメイキングをしている現地の友達に影響を受け、活動をスタート。AviciiやKlingandeのような音楽プロデューサーから影響を受け、エレクトロニックなサウンドの中に個性を取り入れることを目指す。

>
◎INTERVIEW

Q:今回の「踊れる曲/ダンスミュージック」がテーマでしたが、この楽曲のポイントは?

このDANCE.を制作する上で、自分たちの中で重要視したところが楽曲の雰囲気でした。クラブなどの音がたくさんある環境下で、ふと耳にした時に、なんだこの曲は?とひっかかりを持ち、軽く踊ってしまうようなイメージで作りました。笑。そのひっかかりと言う点で、何を言っているか分からないボーカルサンプルを用いて楽曲の雰囲気を作り、アテンションを引こうを思いました。

Q:楽曲を作るときや、動画をアップするときいつも心がけていることは?

楽曲を制作する時は、いかにボーカルやドロップに自分たちがグッと来るようなメロディーを入れれるかということを大切にしています。80年代90年代の曲が大好きなので、メロディーを作っていく上でその時代の楽曲にインスパイアされています。僕たちが動画をアップロードする時は、基本的にはカバーがほとんどなのですが、心がけていることは映像より音に重点を置くということです。もちろん動画なので、映像も大切だと思うのですが、カバーの場合どんなにいい映像でも音が微妙だったら見てくれている人も「ん?」となってしまうと思うので、あらかじめ音作りをしてから撮影という流れで動画を作っています。 

Q:今後どのようなアーティストになっていきたい、今後の目標にしたいですか?

日本ではあまりプロデューサーが表に出てくるということは少ないかと思うのですが、今世界中で活躍している音楽プロデューサーのように、自分たちが作った楽曲を色んな素晴らしいシンガーの方に歌って頂いたり、時には自分たちでも歌ったりもして、世界中から注目されるようなアーティストになれたら本当に最高だと思います。そして今までサポート応援してくださった皆さんに恩返しがしたいです。

Q:最後に読者へ

僕たちのことをすでに知っていてこのページを見てくださった皆さん、いつも応援本当にありがとうございます。今回初めて僕たちを知って最後まで記事を読んで下さった皆さん、本当にありがとうございます。僕たちのYoutube ChannelやTwitterも是非チェックして頂けたら嬉しいです。

これからも頑張って活動していきますので、応援よろしくお願い致します。